健康・睡眠・雑学・寝室・色彩

健康・睡眠雑学ノート

寝室の色彩のページ

健康・睡眠雑学ノート>寝室の色彩のページ

スポンサードリンク



Photo by (c)Tomo.Yun
住まいにおける主寝室、夫婦の寝室は、夫婦の
ための、あるいは夫 そして主婦のための個室とも
いえます。

それぞれがプライベートな時間を過ごす大切な
スペースです。

このため寝室の色彩は人の心理や生理的な現象
にも影響を与えると 考えられる大切なポイントです。

ねむりの雑学このページは寝室の色彩について
考えてみました。

インテリアの色彩において、人の心理を焚きたて交感神経系に働きかけて 血圧を上げて

脈拍や呼吸数を増加させるのは、赤や黄色の興奮色です。

これに対して、青や緑は沈静色と呼ばれ副交感神経系に働きかけて血圧を 下げ、脈拍や

呼吸数を減少させて人の心を沈め落ち着かせる効果があります。


寝室の色彩としては、沈静色といわれる青や緑色系が昼間の興奮を 鎮めてくれ良いと

されています。

特に、寝室の天井は夜空を連想させるダークブルー系の紺色や濃いブルーに すると、

ベッドに横たわったとき心を沈めて眠りに誘う効果があるとされていま す。

また、紫系の色は女性ホルモンを増加させる効果があるとされ、欧米の 寝室では淡い

紫色のラベンダーや青紫の色がよく使われます。

日本でも最近は、寝室のカーペットに淡い青紫系がよく使われるように なってきたよう

です。



青紫の色は郷愁を誘うロマンチックな雰囲気を醸し出します。 カーテンとベッドスプレッド

の色や柄を合わせるとまとまりのよいインテリアと なりやすいものです。


心理的に安心感がもて、寛ぐことができる色は肌の同系色といわれています。

日本人の同系色はベージュ系の色です。 日本人が杉やひのきなどの木肌を見ると心

安らぎ、ほっとするのは、このためといわれています。


寝室をベージュ系の色彩でまとめると、肌に馴染みよいインテリアになります。



落ち着いた雰囲気にしたい場合は、濃い木目の床や家具と、ブラウン系から ベージュ

系の色の内装材やカーテンを組み合わせると効果的です。


最近、建築の外装や内装に、落ち着いたシックな色としてグレーの評価が 見直されて

います。 無機的でクールなハイテクな現代性を感じさせるグレーでも、ベージュや 茶色を

少し加えると暖かみのあるウォームグレーとなり寝室の色として コーディネートしやすく

なっています。


また、ブルー系やグリーン系の色がわずかに加わるとクールグレーとなり、よりモダンで

理知的な雰囲気となります。


寝室を華やかに演出したい場合は、ワインレッドと呼ばれるディープレッドが よく使われ

ます。

なかでも、パープル系に近い赤ぶどう酒の色や紅色の赤系がヨーロッパの宮殿の豪華さ

を連想させます。

スポンサードリンク

健康・睡眠雑学ノート
睡眠のメカニズム
体内時計
睡眠障害、不眠症
女性の睡眠障害
入眠障害・寝つきを良くする
眠りを誘うお風呂
寝室の風水
寝室環境
寝室設計
寝室の色彩
寝具・睡眠
眠りの雑学特集
寝具の雑学特集



相互リンク集
相互リンクのお願い
掲載者情報





姉妹サイト
健康・酒の雑学ノート
健康・サプリメントの雑学ノート

スポンサードリンク

健康・睡眠雑学ノートへ

Copyright (C)  All Rights Reserved