健康・睡眠・雑学・寝室環境

健康・睡眠雑学ノート

寝室環境のページ

健康・睡眠雑学ノート>寝室環境のページ

スポンサードリンク


寝室を取り巻く環境において一般的に望ましいとされている

ポイントは何でしょうか?

ここでは、寝室環境のポイントとして、安全性、遮音性、照明、

採光、室温・湿度の 環境に関する雑学を取り上げます。

とりわけ、寝室環境のポイントとして室温・湿度や遮音性は

大切と思われます。

1、安全性
   地震王国といわれる我が国において寝室環境の中で地震・耐震対策を考えて

   おくことは大切なポイントとなります。

   地震に関する安全性は就寝中に飾り棚や家具が倒壊したり、額縁や置物等が

   上から落ちたりして怪我をしないように対策を考えておくことが重要です。


2、遮音性
   騒音の激しい場所や道路がある場合、寝室はそこからできるだけ離して設計・

   プランニングをすることです。

   また、夜遅くまで仕事をして朝の起床が遅い人の場合は、朝のあわただしい

   物音が聞こえないように玄関や居間、台所などから離れた場所に寝室を 造る

   ようにしましょう。


3、採光
   自然採光のための有効面積は、法規上床面積の7分の1以上設けなければ

   なりません。

   朝、明るい日差しが差し込むのは、精神衛生上、非常に 健康的です。

   採光は、非常に重要なポイントとなります。 また、夏場には、遮光性が高く

   安眠のためのブラインドやドレープなども必要と なります。


4、照明
   照明計画を行なう過程で、光源は寝床から直接目に入らないことや入り口を

   柔らかい間接照明やダウンライトなどで分かりやすくしたり、スイッチを 寝床

   から操作できる工夫や照明の色を青白くしないよう配慮が大切です。


5、室温・湿度の環境
   室温・湿度の環境づくりの対策として、天井や屋根への断熱や強制換気扇の

   設置も工夫・検討しましょう。

   また、寒さ対策は暖房器具・空調設備などの設置も忘れてならない大切な

   ポイントでしょう。



社会環境の変化により生活リズムも24時間システムとなり、夜間でも昼間と

変わらない音が発生している場所もあります。

このため、防音・遮音対策は、非常に重要な問題です。


     遮音度(透過損失);音のエネルギーが、ある物に当たって通過する時に、
                  その物によって減衰される数値のこと。
                             (単位;デシベルdB)
         例;50ホンの音が壁を通って壁の向こう側で30ホンと感じる場合、
           その壁のもつ遮音度は20dBということになります。

一般の住宅においては、サッシを二重にしたり普及型のサッシを機密型の サッシに

取り替えるなどで10dB程度には遮音度を上げることができます。

また、カーテンも薄手のものから厚手のカーテンに取り替えることで 遮音効果が

上がります。

さらに、壁を厚く、ドアを防音ドアにすると一層遮音効果は高まります。

スポンサードリンク

健康・睡眠雑学ノート
睡眠のメカニズム
体内時計
睡眠障害、不眠症
女性の睡眠障害
入眠障害・寝つきを良くする
眠りを誘うお風呂
寝室の風水
寝室環境
寝室設計
寝室の色彩
寝具・睡眠
眠りの雑学特集
寝具の雑学特集



相互リンク集
相互リンクのお願い
掲載者情報





姉妹サイト
健康・酒の雑学ノート
健康・サプリメントの雑学ノート

スポンサードリンク

健康・睡眠雑学ノートへ

Copyright (C)  All Rights Reserved