健康・睡眠・雑学・眠りを誘う・風呂

健康・睡眠雑学ノート

眠りを誘うお風呂のページ

健康・睡眠雑学ノート>眠りを誘うお風呂のページ

スポンサードリンク



Photo by (c)Tomo.Yun

温泉につかると、ぐっすりと眠れることが良くあります。

寝つきを良くする方法のひとつとして、入浴が効果的で

あることは よく知られています。

このページでは眠りを誘うお風呂・入浴の情報を

お伝えいたします。



お風呂は、身体を芯からゆっくりと温めてくれます。

とりわけ、温泉につかるとその効果は大きく現れてくることはよく知られています。

入浴により体温が上がり、その後体温は自然に下がります。

体温が下がる段階で眠気が訪れます。

このため、おやすみ前の入浴は、ぐっすり眠るのに大きな効果が あります。



眠りを誘う入浴は、熱いお湯でカラスの行水の短時間入浴よりも、 ぬるめの

お湯にゆっくりとつかるほうが良いようです。

ゆっくりと時間をかけることにより、身体の芯から温まります。

身体の芯から温まることにより、血行がよくなり、筋肉の緊張をほぐしてくれます。


風呂に入ると、一日の疲れがとれるように感じるのは、リラックスできる心理的

効果のほかに、このような身体への作用も 大きいといわれています。

気持ちがほぐれ、リラックスするのは自律神経の働きに関係しています。


自律神経には、自分の意思でコントロールできない神経で交感神経と副交感

神経に分けられます。


この交感神経と副交感神経は、ひとつの臓器に相反支配といわれる働きをします。

そして、人が活動しているときには交感神経が、休息している時には副交感神経と

振り子のようにバランスよく働いています。


この切り替えを簡単に行える効果的な方法が入浴です。

入浴することで自律神経は、休息の副交感神経へと移りやすく なります。

この切り替えにより、事前でスムーズな眠りへと誘われます。


また、私たちの身体は、体温が下がる段階で眠くなることも分かっています。

入浴することで体温が上がり、入浴後は自然に体温が下がり この過程で眠りに

つきやすくなります。


なお、お風呂に入っている途中に眠くなるのは、血圧の変化に伴う ことが原因と

なるもので注意が必要といわれています。


理想の眠りへの誘いの入浴方法は、半身浴が良いとされています。

38℃〜40℃のぬるめの温度のお風呂に、半身を浸かり15〜20分程度で

ゆっくりと温めます。


入浴は寝る2時間くらい前が理想とされています。


スポンサードリンク

健康・睡眠雑学ノート
睡眠のメカニズム
体内時計
睡眠障害、不眠症
女性の睡眠障害
入眠障害・寝つきを良くする
眠りを誘うお風呂
寝室の風水
寝室環境
寝室設計
寝室の色彩
寝具・睡眠
眠りの雑学特集
寝具の雑学特集



相互リンク集
相互リンクのお願い
掲載者情報





姉妹サイト
健康・酒の雑学ノート
健康・サプリメントの雑学ノート

スポンサードリンク

健康・睡眠雑学ノートへ

Copyright (C)  All Rights Reserved