健康・睡眠・雑学・体内時計

健康・睡眠雑学ノート

体内時計のページ

健康・睡眠雑学ノート>体内時計のページ

スポンサードリンク


あなたは、人の身体の中で生活のリズムを

体内に知らせる体内時計の存在をご存知

ですか?

このページは、体内時計に関する雑学を

お伝えします。


人の身体には、生活のリズムを体内に知らせる体内時計があります。

しかし、人体の生活リズムは、25時間周期となっています。

この人体リズムの25時間周期を24時間周期の生活環境リズムに合わせて修正される

のが、光の力によるものです。


人の身体は日の出により太陽の光を目でキャッチすると、その光信号が目の 神経を通り

脳の視床下部にある視交叉上核という場所にいきます。

この視交叉上核の中に体内時計があり、光によって24時間周期に 修正されます。

体内時計が作り出す生体リズムは、ねむりを誘うホルモン、メラトニンを 起床からおよそ

14時間後に分泌させます。

その分泌に合わせて睡眠をとることがベストです。


ところが、夜更かしなどによってこの睡眠時間がずれた場合、目覚めを促すホルモン、

コンチゾールが睡眠中に分泌され、十分な眠りは得られません。

この夜更かしなどによるズレが体内時計を狂わせ睡眠障害をつくる原因と言われて

います。


健康な人が朝6時に起床した場合、およそ14時間後の夜の8時頃に催眠ホルモン

である、メラトニンが分泌されはじめ寝入る頃に最高潮となります。

ぞして、次の日の朝、目覚める頃、身体の活動を活発にするホルモン、コンチゾールが

上昇をはじめます。

そして、睡眠中に一旦下降した体温も目覚めの時には上昇するようになって います。


ところが、例えば時差ボケの状態になるとメラトニンの分泌は低くなり、体温も寝てる

時に上昇しはじめる状態になり、コンチゾールが最低値の時、 起きていることになり、

快眠・快適な生活が得られる状態にはなりません。


日によって睡眠時間が不規則になると、ホルモンが睡眠のリズムに合わせていけなく

なり体温のリズムも崩れ体内時計が狂った状態となります。

この体内時計が狂った状態のままだとホルモンの調整ができなくなり 生理不順や

緊張と緩和のリズムも狂い、自律神経失調症となります。


体内時計の修正方法
  体内時計の修正には、朝の光が一番効果的です。

  朝は、カーテンを開けて太陽の光を全身に浴びることが一番です。

  昼間、屋外で適度な運動を行うことで、ねむりを誘うホルモン「メラトニン」の 分泌を
  高めましょう。

  昼間、明るい太陽の光の中で活動した方が、夜間のメラトニンの上昇が大きくなり
  ます。


 1日3食規則正しい食事のリズムを作りましょう。
 特に朝食は大切です。
 食事をすることによって血糖値が上がり、その情報が脳に伝わり、身体に朝である
 ことを伝えることで、体内時計を修正します。

 1日1回は、太陽の光を浴びて体内時計の修正をしましょう。


スポンサードリンク

健康・睡眠雑学ノート
睡眠のメカニズム
体内時計
睡眠障害、不眠症
女性の睡眠障害
入眠障害・寝つきを良くする
眠りを誘うお風呂
寝室の風水
寝室環境
寝室設計
寝室の色彩
寝具・睡眠
眠りの雑学特集
寝具の雑学特集



相互リンク集
相互リンクのお願い
掲載者情報





姉妹サイト
健康・酒の雑学ノート
健康・サプリメントの雑学ノート

スポンサードリンク

健康・睡眠雑学ノートへ

Copyright (C)  All Rights Reserved